FC2ブログ
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

芋蛸南瓜(いもたこなんきん)

女性のすきなもの、江戸時代も現代も変わらずでしょうか?

芋蛸南瓜」・・・南京(かぼちゃ)といえば明日10月31日はハロウィン

秋の収穫を祝い、亡くなった家族や友人を尊び偲ぶ日。

少し『お盆』と似ていますね

日本ではクリスマスのような感じで、イベントとして定着、楽しみとともに経済効果に期待です


・・・ということで今回かぼちゃについて

私の中ではハロウィンというよりも冬至のイメージ

かぼちゃを食べて、ゆず湯に浸かる

冬に収穫できる野菜が少なかった時期、保存適したかぼちゃは貴重な栄養源だったようですね


では、かぼちゃにはどんな成分があるのでしょうか??


β(ベータ)カロチン

粘膜や皮膚の抵抗力を高め、生活習慣病やガン予防に効果があり!!
狭心症や心筋梗塞などの原因となるコレステロールを減らす効果も注目ですね

食物繊維

βカロチンと同じようにカボチャの皮の部分に多くあるので、皮ごと食べましょ
最近は肥満や生活習慣病に悩んでいる子供たちがふえているそうですね、そういった子供たちにもカボチャをたくさん食べてもらいたいです!!

ビタミンA

皮膚や目の粘膜などを健康に保つ働きがあります
なので、ビタミンAが不足するとかぜひきやすくなっちゃいます。

ビタミンB1

疲労回復にもってこい
ビタミンB1不足はエネルギー不足、イライラや怒りっぽくなるなどの症状が。

「病は気から」改め「病はビタミンB1不足から

ビタミンB2

糖尿病や高血圧などの生活習慣病を予防、さらに口内炎や口角炎なども防止
ビタミンB2は体内にためておくことができないので、毎日摂取したいです。

ビタミンC

美肌効果、風邪の予防にはビタミンC!
摂取してもすぐ体外に出てしまうので、一気にたくさん摂るのではなく、毎食少しずつ摂ることをおすすめします


《番外編》

食べれるんですよ、捨てないでね。
高タンパク高エネルギー、さらにミネラルビタミン類も豊富
水できれいに洗って天日干し、よく乾燥したらフライパンで表面に焦げ目がつくまで炒ります。

お好みで塩をふって召し上がれ


ただし!!

塩分摂りすぎには注意してくださいね


日本人の食事摂取基準(2005年版)」で成人に勧められている1日の塩分摂取の目標値は、

男性10g未満

女性8g未満

高血圧患者ではもっと厳しく1日6g未満(高血圧治療ガイドライン2009年版)

バランスよく、おいしく食べて体の中から冬支度しましょう


・・・trick or treat?
稲





スポンサーサイト
 
 

やいとする!

やいとするお灸を据える

『やいと』とはもともと京ことばだそうです。
一般的には『お灸』

むかし祖父母や両親、近所のおじさんなどに一度は言われたことあるのでは?

『お灸をすえるぞ!』
『やいとするで!』

叱るときに使われてきたこの言葉も、家庭でお灸をしなくなるとともに聞かれなくなりましたね

今は熱いのや臭いが苦手な方あ、若い女性にも使いやすい『アロマお灸』というものもあるんですね
これからの季節、冷え性の女性の方にいいかもです

mogusa.jpg

ある患者さまの希望により  『せんねん灸もぐさ』  入荷しました
せんねん灸などの 《加工もぐさ》 ではなく、もぐさのみ欲しいとのこと

最近は使いやすい加工のものばかりで、もぐさ単品はなかなか売っていないようです、足の痛い高齢者の患者さまは薬局に買いに行くのも一苦労 

よく次来るまでに何々を入れておいて欲しいと頼んで帰られます
近くに安いドラッグストアがあるんですが、私たちの近いとお年寄りの近いはぜんぜん違う
そして、そのリクエストで入荷した品物が他の患者さまにもご好評いただき、HIT商品になることもしばしば

話もどします。もぐさ!

さがしましたよー
みつけましたよー

その方、オリジナルの使いかたは『シロベニ』を塗り、その上に『もぐさ』をのせるとおっしゃられていました
はい、ここで『シロベニ』とは?と思った方は県外の方でしょう

鹿児島での万能薬シロベニについては次回また
shirobeni.jpg


民間療法、使い方を間違えると健康被害のもととなります

されど民間療法、ただ科学的な根拠のあるものだけが効果があるとは思いません

実際、 『手当て』 といわれるように小さい時喘息発作で吸入してもだめ、点滴しても咳が止まらない時、
母が背中をさすってくれたら朝まですーっと眠れた記憶があります

昔の方の知恵、正しい民間療法等の力も拝借しながら、
でもやはりここは保険薬局、処方箋どおりお薬きちんと飲みましょうね


今日の鹿児島は、窓から涼しい風が入ってくるいい秋晴れでした
みなさま体調お気をつけくださいませ
インフルエンザの予防接種しましょうね
 
 

秋麗の候

夜長の頃
本を読みながら、映画を観ながら、お酒を嗜みながら・・・

とはいえ、寝苦しい季節をこえても増えてますよね、『不眠

①正しい食事
②適度な運動
③正しい睡眠


このうちどれかが乱れると、体の健康は勿論、心の健康にも影響が

「眠れないときにはホットミルクを」、よく言われすよね

乳製品や豆乳などの大豆製品は不眠にはうってつけなんです、
必須アミノ酸の一種である「トリプトファン」という成分が入っています
この物質はセロトニンの生成に使われ、セロトニンと酵素の働きにより、睡眠を導くメラトニンの分泌が促される
……要は眠りにつきやすくしてくれるということ

乳製品や大豆製品のほかには、魚介類や肉類、卵などにも入っていますよ
外食が多かったりダイエットをして食事制限していたりする方はトリプトファン不足が不眠の1つ、原因かもしれませんね

では、最適な睡眠時間とは??
1980年代にアメリカで100万人以上を対象に行われた、睡眠時間と寿命の関係の調査によると、
1日に6.5~7.5時間の睡眠をとっている人が最も死亡率が低く、それ以上およびそれ以下の時間、眠っている人は寿命が短くなる傾向に
特に長く眠っているほうが問題で、7.5~8.5時間以上の睡眠時間をとっている人は、6.5~7.5時間睡眠の人よりも死亡率がUPしたそうです

寝る子は育つ説いかに

40~79歳の男女約10万人を、10年間にわたって追跡調査した結果も、やはり睡眠時間が7時間より短い人も長い人とも、死亡率が高くなるという日本の調査結果も

調査結果はあくまで調査結果、『ふうーん』くらいで結構

質のよい睡眠をとりたいものですね、だって1日の1/4~1/3は寝ていることになるのですから

睡眠効率(すいみんこうりつ)
就床時間に対する睡眠時間の割合のこと。
つまりお布団に入っている時間に対するホントに眠っている時間のこと

30代ではこれが100%に近いのですが、 高齢者になると約70%にまで低下してしまうそう

この不眠が、加齢によるものなのか?
また睡眠障害があるための不眠症状なのか?

高齢者の不眠の原因としては、加齢によるものが多い一方で、睡眠障害(「睡眠時無呼吸症候群」や「周期性四肢運動障害(睡眠時ミオクローヌス症候群)」)によるものも多くあります。
前者と後者では、不眠を解消するための対処法が異なり、後者では、医師の診断を受けることが大事なので心あたりの方は受診をすすめます

リラクゼーション効果を求めるなら、ブルー系の色が力を発揮してくれます。
鎮静作用をもっている青はくつろぎを与えてくれるので、シーツや枕カバーをうすい青色やミントグリーンなんかおすすめですね

青い色はオススメですが、青い光(パソコンや携帯画面などのLED)は覚醒や目に負担をかける波長を放っているので注意してくださいね
寝る前に携帯画面みるのは相当目をいじめちゃってるんですね

ぐっすり睡眠、すっきり目覚め

朝、目を開けたらすぐ、掛け布団を跳ね飛ばす
あの西郷隆盛さんもやっていた、薩摩式の目覚まし法だそうです

朝イチは太陽の恵を体いっぱいにあびて体内時計をリセット
自律神経が活発になり気持ちも前向きに、新陳代謝もUP
万事如意

securedownload.jpg コスモス満開 @生駒高原
 
 

仲秋の候

9月30日、中秋の名月
皆さま台風17号の影響なかったでしょうか

鹿児島は雲ってはいたものの満月の姿もみることができました

毎日忙しくあっというまに今日からもう10月、
ほんと1日、1カ月があっという間です

たまには空を、雲を、星をゆっくり見上げてみませんか?

気がつかないうちに季節が変わっているかもですね


さて、10月といえば増えてきますね『かぜ症候群

秋のカゼの症状で多いのは、喉や鼻の中の乾燥感です

実際、鼻の奥や喉の違和感で受診される患者さまが多いです


また気温や湿度の変化に対して敏感なのが『喘息』、秋から初冬にかけて発作が出る方多いと思います

わたしも喘息もちなので秋から吸入薬はカバンに常備です

喘息性体質の人は身体が疲労すると、喘息性の発作をおきやすいんです

夏の猛暑から冷秋へ、また昼夜の温度差など気管支の粘膜が刺激されやすいので要注意

東洋医学でいう 「気陰両虚」、 体に必要な栄養や水分が失われ体力が低下している状態

疲労回復には旬のがいいんですって

・利尿作用(解熱・むくみ解消・二日酔いの軽減)
・呼吸器系の炎症を抑える(せきや痰・のどの痛みの軽減)
・コレステロール値の抑制・高血圧予防
・胃腸器系の働きを整える(便秘解消
) 

あとは体を冷やさないこと、体を温めるだけで免疫力UPするんですよ

もう少し寒くなったらいよいよお鍋の季節ですね、皆さまはなに鍋がすきなんでしょうか
ではでは
1.jpg


10月のイルカ通信更新しました、『介護保険で出来る事~住宅改修~』



 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。